メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「迷宮」渋谷駅、模型で再現 移り変わり感じて 東京・世田谷の博物館で展示

2020年時点の渋谷駅の模型。忠犬ハチ公像の位置を指さす昭和女子大の田村圭介准教授=東京都世田谷区で2019年11月6日、石田宗久撮影

 その複雑な構造から「迷宮」とも呼ばれる東京・渋谷駅を模型で再現した展示会「羽化する渋谷」が、東京都世田谷区の昭和女子大光葉博物館で開かれている。駅とその周辺では「100年に1度」と呼ばれる大規模再開発が進行中で、展示を通じて渋谷の移り変わりを感じることができる。入場無料。12月14日まで。

 模型は木製で、昭和女子大の田村圭介准教授と学生が制作した。メインは2020年時点の駅構内を再現した100分の1スケールの模型で、何層にもホームやコンコースが交差する様子が分かる。

 渋谷駅は、1920年に現在のJR駅が開業。今は鉄道4社9路線が乗り入れ、1日に約330万人が乗り降りする巨大ターミナルとなっている。谷地の底に位置し、鉄道各社の改札やホームは地下5階から地上3階に及ぶ。各社がそれぞれに増改築やホーム移設を繰り返した結果「複雑怪奇な構造になった」と田村准教授。乗り継ぎのしにくさで有名だが「迷宮としての魅力を知ってほしい」と、各社の構内図などを基に模型化に取り組んで…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  5. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです