メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「猫が幸せなら人間も」墨絵で描くニャン百態 淡路島・中浜稔猫美術館

作品「ねこで悪いんか」を前に「私の自画像」と笑う中浜稔さん=兵庫県淡路市で2019年11月10日、村瀬優子撮影

 自由気ままで、人にこびず、のんびり生きる。そんな猫の魅力を描き続けている兵庫県淡路市出身の墨絵画家、中浜稔さん(75)=東大阪市在住=の作品を展示する淡路市立中浜稔猫美術館。遊び心のある展示や、表情豊かな猫たちの絵にほっこりさせられる。【村瀬優子】

 あっちを向いても、こっちを向いても猫がいる――。中浜さんが寄贈した約120点の作品が並ぶ、世界でも珍しい「墨絵猫」の美術館。2000年3月に開館し、20年目を迎えた。

 圧巻は幅30メートルにわたる「淡路島・猫浜物語」。天平時代を舞台に、淡路島に流された淳仁(じゅんにん)天皇の愛猫が繰り広げる冒険を描く。壮大な展開や、主人を慕う猫のひたむきさが胸を打つ。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです