メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

“ドイツの逸材”の未来はスペインの2強? 代理人がレアル&バルサの接触を認める

情報提供:サッカーキング

レアル・マドリードとバルセロナが接触をはかった、レヴァークーゼンのハフェルツ [写真]=Getty Images
 レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツに、レアル・マドリードとバルセロナが接触したようだ。27日に、スペインメディア『アス』が報じている。

 今最もホットな若手選手の一人であるハフェルツ。“ドイツの逸材”の元には、いくつかのビッグクラブからオファーが舞い込んでいるという。

 今回の報道によると、そのビッグクラブの中にはスペインの2大巨頭であるレアル・マドリードとバルセロナも含まれているという。ハフェルツの代理人が、両クラブの接触を認めたようだ。

 ハフェルツは今シーズン、ブンデスリーガで10試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。元ドイツ代表MFギュンター・ネッツァー氏が「正しい場所に身を置くこと」と助言するほどの期待を受ける20歳の若者は、スペインを代表する2つのクラブのいずれかに移籍することになるのだろうか。

【関連記事】
●オーナーのベッカム氏も熱望…ヴィエラ氏がインテル・マイアミの指揮官に?
●ベルギー代表DFフェルトンゲン、トッテナムとの契約延長に前進か…ドルトムントが興味示すも
●不調のドルトムントが今冬補強へ動く…FWマンジュキッチをリストアップか
●レアルMFバルベルデが契約延長合意か…契約解除金はなんと770億円
●最新FIFAランク発表! 日本は28位キープもアジアトップに…上位陣はほとんど変動なし

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです