メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子レスリング川井「石川県協会長が五輪内定者は女と発言」と批判(スポニチ)

川井梨紗子=梅村直承撮影

[PR]

 レスリング女子63キロ級の16年リオ五輪金メダリストで57キロ級の東京五輪代表となった川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)が27日、女性選手を見下す発言をしたとして出身地である石川県のレスリング協会で会長を務める下池新悟氏を批判した。

     「“石川県には五輪内定者が2人いる。しかし残念ながら女だ”という発言があったと聞いた。悲しかったし、五輪出場が祝福されていないのかと思った」と述べた。下池氏は発言を否定した。

     川井は石川県庁での県スポーツ特別賞の贈呈式後、取材に応じた。今月、県内で行われた高校の大会で下池氏の発言があったといい、大会には川井の父親もいた。

    川井「会長が協会を私物化」、会長は否定

     川井は以前から親への嫌がらせなどもあり、耐え切れなかったと主張。「協会を私物化しないでほしい。レスリング強化のための協会であってほしい」とも語った。下池氏は「女性だから駄目だとか言うわけない。大会に参加した選手を激励しただけだ」と強調。協会私物化についても否定した。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

    3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

    5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです