メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千代鳳 13場所ぶりの返り咲き「ここからがスタートライン」(スポニチ)

千代鳳=スポニチ提供

[PR]

大相撲初場所番付編成会議(2019年11月27日 福岡国際センター)

 元小結・千代鳳(27=九重部屋)は13場所ぶりの復帰で、元三役が三段目まで落ちた後で十両に戻るのは、照ノ富士を含めて明治以降3人目だ。

     魁(33=芝田山部屋)は30場所ぶり、美ノ海(26=木瀬部屋)=は4場所ぶり、朝玉勢(26=高砂部屋)は2場所ぶりの返り咲き。右肩と左膝の手術から復活した千代鳳は「来場所の番付が楽しみ。ここからがスタートライン」と喜んだ。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

    3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

    4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

    5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです