メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

幸福路のチー 交差する歴史と追憶

映画「幸福路のチー」の一場面

 アメリカで暮らす主人公のチーが久しぶりに故郷の台湾に戻り、過去と現在を行き来しながら自分の未来を見つけていくストーリー。素朴なタッチの絵が、今を生きる全ての人に寄り添い、優しく語りかけてくれる傑作だ。

 祖母が亡くなったという知らせを受けて帰郷したチー。台北郊外にある幸福路は、記憶の中の古里とは様変わりしていた。チーは今、アメリカ人の夫と離婚するかどうかで悩んでいるが、葬儀で会った親戚たちからは「子どもを早く作れ」とせっつかれてうんざり。そんなとき、死んだはずの祖母が目の前に現れてチーを励ます。そう、祖母は生前、チーがピンチになると、いつもそばにいてくれた。物語では、現実の今を描いたパートと、チーが思い出す過去パートが交互に進む。チーは、想像以上に年老いていた両親に気付き、「これからどう生きるか」を、古里で人生を振り返りながら決断する。

 絵は、宮崎駿や新海誠の作品のような鮮やかで繊細なそれとは別物。線は決して多くないのに登場人物の表情…

この記事は有料記事です。

残り910文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. 無免許ひき逃げ後、土に軽トラ埋めて証拠隠滅 容疑者逮捕

  5. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです