メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

女優・高橋恵子さん いくつになっても挑戦忘れずにいたい

「異文化を受け入れ融和してきた日本の良さを伝えていきたい」=東京都港区で、藤井太郎撮影

 テレビ番組の収録の前後、控室の前で古い知人に出くわし、「お元気でしたか」と立ち話が始まる。中には数十年ぶりに再会する人もいる。

 1983年にNHK大河ドラマ「徳川家康」で家康の父の側室を演じた。家康の母方の親類役だった村井國夫さんは今、75歳。今年6月に新作演劇「黒白珠」の舞台で久しぶりに共演した。「会場の廊下に村井さんの大きな写真付きの新聞記事が張られていたんです。『人生は夕方から楽しくなる』って。あ、このページですね。私もいつの間にか人生の夕方を迎えて、この欄に出ることになったんですね」と笑う。

 「3年やって駄目だったら一般人に戻る」と決めてスタートした女優の仕事は、来年で50年になる。15歳…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです