メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

アイヌと手携えた「静かな大地」 北海道・静内 静内神社宮司 山田一孝さん(75)

動乱と寒さ、開拓者の辛酸

 淡路島から静内への入植の背景には、徳島藩の蜂須賀氏の筆頭家老だった、淡路島の稲田氏による分藩独立運動があります。蜂須賀氏側による大規模な襲撃事件に発展した結果、両者を引き離すため、明治新政府は稲田氏に北海道開拓を命じます。静内での独立も廃藩置県により夢と消え、慣れぬ寒さの中で味わった辛…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  3. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  4. “飲ん”だら、気をつけて!ホーム転落防止、JR西がのんさん起用しキャンペーン

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです