連載

とうほく彩発見

毎日新聞デジタルの「とうほく彩発見」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

とうほく彩発見

堺市に学ぶ小中一貫=高橋興さん /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高橋興さん
高橋興さん

 <TOUHOKU SAIHAKKEN>

高橋興さん(青森中央学院大経営法学部教授)

 今月7、8の両日、堺市で開催された第14回小中一貫教育全国サミットに参加した。全国各地から教育委員会職員や教職員を中心に約1300人が参加。同市内の3校・園による公開授業、分科会や全体会での事例報告やディスカッションが盛り上がり、全国的に小中一貫教育への取り組みが着実に進展していることを強く感じた。

 開催地である堺市における一貫教育への取り組みは2008年度から本格的に開始。スタート時点で策定された市教育振興基本計画では、目指すこども像を「それぞれの世界へはばたく堺っ子」と決定。その具体策として、小中一貫教育で子どもの育ちと学びの連続性を重視した「9年間の縦につながる教育の充実」と明記した。

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1679文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集