東日本大震災

大槌港沖で発見の遺骨、震災不明者と判明 /岩手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 釜石海上保安部は28日、大槌町の大槌港灯台東の沖合で見つかった人骨の身元は、東日本大震災の津波で行方不明になっていた同町の当時50代の男性と判明したと発表した。

 同保安部によると、9月29日、漁業者がアナゴはえ縄の針を引き揚げた際、引っ掛かっていたトレーナーや長袖Tシャツの中に、左右の上腕骨や肩甲…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

あわせて読みたい

注目の特集