書の甲子園 喜びの声 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大賞を受賞した滑川総合の杉田咲蘭さん=埼玉県滑川町で
大賞を受賞した滑川総合の杉田咲蘭さん=埼玉県滑川町で

 「書の甲子園」の愛称で知られる「第28回国際高校生選抜書展」(毎日新聞社、毎日書道会主催)の審査結果は28日発表された。県内からは、個人の部で滑川総合の杉田咲蘭(さら)さん(2年)と松山女子の山口真奈さん(2年)が大賞に輝いた。また団体の部で滑川総合が北関東地区優勝を飾った。

 ◆大賞

濃さや行間を意識 滑川総合2年・杉田咲蘭さん

 夏休み期間中に毎日、作品を作るために学校に通い続けた。「歯を食いしばって筆を握り続けた結果が認められて、とてもうれしい」。受賞の知らせに笑顔を見せた。

 作品は2月から、5カ月間かけて万葉集の中から19首を選び、仮名でつづった。「墨の濃さや行間を意識し、用紙にもこだわり、自分なりに筆を運んだ」という自慢の作品に仕上げた。

この記事は有料記事です。

残り1848文字(全文2174文字)

あわせて読みたい

注目の特集