連載

楽スポット

毎日新聞デジタルの「楽スポット」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

楽スポット

淡路市立中浜稔猫美術館(兵庫県) 「墨絵猫」120点にほっこり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
作品「ねこで悪いんか」を前に「私の自画像」と笑う中浜稔さん=兵庫県淡路市で、村瀬優子撮影
作品「ねこで悪いんか」を前に「私の自画像」と笑う中浜稔さん=兵庫県淡路市で、村瀬優子撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 自由気ままで、人にこびず、のんびり生きる。そんな猫の魅力を描き続けている兵庫県淡路市出身の墨絵画家、中浜稔さん(75)=東大阪市在住=の作品を展示する淡路市立中浜稔猫美術館。遊び心のある展示や、表情豊かな猫たちの絵にほっこりさせられる。【村瀬優子】

 あっちを向いても、こっちを向いても猫がいる。中浜さんが寄贈した約120点の作品が並ぶ「墨絵猫」の美術館。2000年3月に開館し、20年目を迎えた。

 圧巻は幅30メートルの「淡路島・猫浜物語」。天平時代を舞台に、淡路島に流された淳仁(じゅんにん)天皇の愛猫が繰り広げる冒険を描く。壮大な展開や、主人を慕う猫のひたむきさが胸を打つ。40匹以上の猫が登場する「家族の肖像」は「家系図」付き。よく見ると犬の「イソーロー」の姿も紛れ込んでいる。猫たちが人間をのぞき込んでいるような天井画も楽しい。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文987文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集