メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

益田・スクモ塚古墳 県内最大、前方後円墳か 方墳遺構と一体性 /島根

県内最大の前方後円墳の可能性が高まったスクモ塚古墳。指さしているのは方墳状遺構で見つかった円筒埴輪=益田市久城町で、竹内之浩撮影

 益田市久城町の国史跡「スクモ塚古墳」(5世紀前半)が、全長96メートルの県内最大の前方後円墳である可能性の高いことが市教委の発掘調査で分かった。同古墳は円墳とされているが、北側にある方墳状の遺構と築造面での一体性が確認できた。前方後円墳と特定できれば、松江市の山代二子塚古墳(全長94メートル)を抜き、古墳全体でも県内最大となる。

 スクモ塚古墳は造り出し(祭祀(さいし)を行う場所)付きの全長59メートル、高さ8メートルの円墳。その北約20メートルに長さ14メートル、幅16メートルの方墳状の遺構がある。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. コロナ刑事罰削除で与野党合意 懲役刑、罰金刑ともに 感染症法改正案

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです