メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども食堂応援隊

/20 善意の野菜、たっぷりと /高知

 子ども食堂には、農家さんや家庭菜園をされている方から玉ねぎ、ジャガイモ、サツマイモ、ニンジン、大根、ネギ、サラダ菜、トマトなどの野菜や文旦、新高梨、ミカンなどの果物がたくさん届きます。多くの子ども食堂では、届けられた野菜を見て、それに合った料理を作りバイキング形式で提供し、参加した子どもたちは好きな料理をお皿にとって食べています。中には、毎回、カレーと決めている所もあります。キノコカレー、夏野菜カレー、コーンカレー。根菜カレー、ジビエカレーなどいただいた食材によって中身が変わり、お野菜たっぷりで、季節感あふれるメニューとなります。もちろん、カレーに添えられたサラダやスープにもいただいたお野菜が盛りだくさん。普段野菜嫌いの子どもたちでも、たっぷりと野菜を取るようになります。

 今年は異常気象で野菜が高騰して、なかなか手に入らない時もありましたが、今の時期は、サツマイモやキュウリ、大根など毎回有り余る野菜をいただいています。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです