メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

「毒親介護」という希望

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 タイトルが強烈すぎる。石川結貴さん(58)の新刊「毒親介護」を手にして、まずそう思った。それでも親子関係の悲しい事例があふれたページをめくっていくと、最後に希望がほの見える。なぜだろう。

 殴る蹴るの暴力。「産まなきゃよかった」の暴言。溺愛や過干渉……。子供の心と体を痛めつける「毒親」の存在は、近年、強い響きを持つ言葉とともに広く知られるようになった。虐待問題を長く取材してきた石川さんは新たな問題に気づいたという。「傷ついた子たちが40~50歳代になったとき、年老いた毒親の介護という問題に直面するのです」

 本に登場するのは目を覆いたくなるような親たちの惨状である。ひどい酒乱で周囲に迷惑をかけ続ける。浪費…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文889文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです