ダライ・ラマ後継 高僧会議も中国の介入拒否、採択

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 チベット仏教の高僧による会議が27日、チベット亡命政府のあるインド北部ダラムサラで開かれた。チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(84)の後継者について、「ダライ・ラマのみに決める権限がある」として中国の介入を拒否する決議を採択した。また、ダライ・ラマが別の肉体に生まれ変わるとされる「輪廻(りんね)転生」の伝統に関しても、決議…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集