メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

凍結卵出産、親子認定 「無断」主張の元夫敗訴 大阪家裁

 別居中の妻が、凍結保存された受精卵を無断で移植して長女を出産したとして、会社員の男性(40代)が、長女と法的な親子関係がないことの確認を求めた訴訟で、大阪家裁は28日、2人は親子関係にあると認めて訴えを棄却した。松井千鶴子裁判長は「同意があったとは言えないが、法律上の親子関係を否定することはできない」と判断した。男性側は控訴する方針。

 妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子であるとする民法の「嫡出推定」が生殖医療でも適用されるかが争点だった。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです