メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒバクシャ

2019秋/3 被爆十字架祈り込め 深堀好敏さん(90)

被爆十字架の返還を喜ぶ深堀好敏さん=長崎市で

 <命ある限り documentary report 253>

 「浦上天主堂の十字架が見つかったとってさ」。この夏、長崎市の深堀好敏さん(90)の声が弾んでいた。カトリック信者の深堀さんにとって、原爆が投下された翌日に旧天主堂が炎に包まれている光景は今も鮮明だ。後日、そのがれきの中で写真に納まった十字架をずっと探していた。

 深堀さんが他の被爆者と一緒に「長崎の被爆写真調査会」を設立したのは1979年8月。活動を始めてすぐ…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです