特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会 菅氏「電子データ復元できぬ」 招待者名簿廃棄・消去

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、今年4月の首相主催の「桜を見る会」に関し、5月に廃棄された招待者名簿の電子データについて「復元できないと(事務方から)聞いている」と説明した。ただし、実際に復元が不可能なのかはあいまいで、野党は政府側の主張を疑問視し復元を求めている。

 菅氏は復元できない理由について28日午後の会見で「技術的なことは承知していないが、できないと聞いている」と発言した。

 内閣府は、桜を見る会の約1カ月後の5月9日に紙の招待者名簿を大型シュレッダーで廃棄し、電子データもその前後に消去したと説明している。菅氏は「決められたルールと手続きに沿って対応している」と述べ、招待者名簿の保存期間が公文書管理法やガイドラインで「1年未満」とされていることに基づいた手続きだと強調した。

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文536文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集