メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

築上町・旧蔵内邸 一般公開に毎年2万人 贅を尽くし、細部にこだわり 接客重視、部屋ごとに違った景観も

大広間から回遊式庭園をのぞむ。前方の建物は茶室

 築上町の旧蔵内邸は筑豊の炭鉱経営で財をなした一族の豪邸。敷地は東京ドームのグラウンド部分のほぼ半分にあたる約7100平方メートル。約30部屋ある雨戸の開け閉めには90分ほどかかるという。次郎作、保房、次郎兵衛ら3代の本宅として、明治中期から昭和初期にかけて整備された。2010年に町が買い上げ、13年から一般に公開。毎年約2万人が訪れる築上町随一の観光施設で、敷地内庭園は国の名勝にも指定されている。【籔田尚之】

 開館の翌年、NHKの大河ドラマ「軍師官兵衛」がスタートし、旧蔵内邸がにわかに脚光を浴びた。鎌倉から…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです