メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

評伝 中曽根康弘元首相 戦後保守政治の生き証人=客員編集委員・松田喬和

第3次中曽根内閣発足の翌日、首相官邸で記者会見する中曽根康弘首相=1986年7月23日、木村滋撮影

 中曽根康弘元首相は「戦後保守政治の生き証人」とも言うべき存在だった。初夏に虎ノ門の事務所でお目にかかった。「松田さん、いくつになった?」。「古希を過ぎました」と答えると、「若くていいなー」と大いに羨ましがってくれた。

 取材で会い始めたのは1974年。当時から好奇心旺盛で、持論の「政治は文化に奉仕する」を実践していた。100歳過ぎても読書家で、ベストセラーには決まって目を通すように心掛けていた。

 政治家を志した戦後間もない段階から、憲法改正を政治目標に掲げた。日本の自立を訴え続け、吉田茂首相を元祖とする「軽武装・経済復興優先」の自民党主流派とは、肌合いを異とし、「保守傍流」に数えられていた。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  5. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです