メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

評伝 中曽根康弘元首相 戦後保守政治の生き証人=客員編集委員・松田喬和

第3次中曽根内閣発足の翌日、首相官邸で記者会見する中曽根康弘首相=1986年7月23日、木村滋撮影

 中曽根康弘元首相は「戦後保守政治の生き証人」とも言うべき存在だった。初夏に虎ノ門の事務所でお目にかかった。「松田さん、いくつになった?」。「古希を過ぎました」と答えると、「若くていいなー」と大いに羨ましがってくれた。

 取材で会い始めたのは1974年。当時から好奇心旺盛で、持論の「政治は文化に奉仕する」を実践していた。100歳過ぎても読書家で、ベストセラーには決まって目を通すように心掛けていた。

 政治家を志した戦後間もない段階から、憲法改正を政治目標に掲げた。日本の自立を訴え続け、吉田茂首相を…

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 「離さへん!」再現 朝ドラ「スカーレット」舞台で松下洸平さんトークショー

  5. ネットバンクの不正送金被害が急増 「フィッシング」組み合わせた新しい手口目立つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです