メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」名簿 データ復元の可能性を完全には否定せず 内閣府官房長

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」で、乾杯する安倍首相(後列左)、菅義偉官房長官(手前右から2人目)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日(代表撮影)

 内閣府の大塚幸寛官房長は29日の参院地方創生特別委員会で、首相主催の「桜を見る会」の招待者名簿の電子データについて「業者に確認したところ、技術的にも復元はできないと聞いている」と説明した。ただ、「なお確認中の部分もある」とも述べ、復元の可能性を完全には否定はしなかった。国民民主党の森本真治氏への答…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです