キャッシュレス決済のポイント還元 予算1500億円追加へ 想定超える利用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キャッシュレス決済のポイント還元を知らせるポスターを掲示する靴店=福岡市博多区の川端通商店街で2019年10月1日午後5時38分、田鍋公也撮影
キャッシュレス決済のポイント還元を知らせるポスターを掲示する靴店=福岡市博多区の川端通商店街で2019年10月1日午後5時38分、田鍋公也撮影

 政府は、消費税率の引き上げに伴い10月から始めたキャッシュレス決済のポイント還元制度について、今年度補正予算案に関連費用1500億円程度を追加計上する方針を固めた。登録店舗の増加で当初の想定を超えて利用が広がっており、予算不足に陥る可能性が高まったためだ。

 ポイント還元は、登録店舗でクレジットカードや電子マネー、スマートフォンのQRコードで決済した場合、中小店舗で5…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集