メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中小企業の事業承継ビジネス活発に 後継ぎ不在で銀行やM&A仲介会社らがサービス競争

国内企業の休廃業・解散件数

 中小企業の事業承継ビジネスが活発になっている。経営者が高齢化する一方、後継ぎ不在で企業の売却・清算などの複雑な手続きが必要となるケースが増えているためだ。高齢にもかかわらず後継者が決まっていない中小企業経営者は100万人を超えるとみられ、銀行やM&A(企業の合併・買収)仲介会社も交えたサービス競争の様相となっている。

 「365日、業績のことを考えていた。プレッシャーから解放されてホッとしている」。昨年7月、茨城県に拠点を置く従業員約70人の金属プレス加工会社を東京都内の不動産会社に売却した渡辺健さん(69)=東京都港区=は語る。

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 特集ワイド コロナショック 感染拡大のスピード遅らせよ 政府専門家会議副座長・尾身茂氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです