メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日韓、輸出管理巡る政策対話 12月に3年半ぶりの開催で合意

梶山弘志経産相=松本尚也撮影

 梶山弘志経済産業相は29日の閣議後記者会見で、日本による韓国への輸出規制強化を巡る局長級の政策対話を、12月第3週に東京で行うことを明らかにした。政策対話の開催は3年半ぶりとなる。

 梶山氏によると、日韓両政府は28日にソウルで課長級の準備会合を開き、「12月16日の週」に政策対話を行うことで合意した。同月4日にウィーンで局長級の準備会合を開き、日程や論点を詰める。

 政策対話は日韓関係悪化で2016年以来、途絶えている。日本政府は7月に韓国向けのフッ化水素など3品目の輸出規制を強化。8月には輸出手続きを優遇する「グループA(ホワイト国)」から韓国を除外した。反発した韓国側は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する構えを見せていたが、今月22日に維持を発表し、輸出規制に関する対話を再開することで合意していた。梶山氏は「会話を重ねることで良い方向に…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです