メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イオン、英ネットスーパーと提携 AIやロボット利用し配送 売上高6000億円を目指す

インターネットスーパー事業で提携するイオンの岡田元也社長(左)と英オカドグループのティム・スタイナー最高経営責任者=東京都渋谷区で2019年11月29日午後4時23分、本橋敦子撮影

 イオンは29日、英インターネットスーパー大手「Ocado(オカド)」と国内ネットスーパー事業で提携すると発表した。人工知能(AI)やロボット技術を用いて効率的に仕分けや配送を行うオカドの知見を導入し、2030年までに同事業で売上高6000億円を目指す。

 共働きや単身世帯の増加、デジタル化などを背景に国内ネット通販市場は拡大が続く。イオンやイトーヨーカ堂など小売り各社は既にネットスーパーを手がけているが、実店舗と比べて品ぞろえや鮮度、配達時間の制約などの点で…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです