メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境と食料問題、動物福祉のために…“培養肉の父”目指すものは

記者の質問に答える「培養肉」を研究するオランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授=東京都千代田区で2019年11月16日、藤井達也撮影

 2013年に世界で初めて培養肉を使ったハンバーガーを発表したオランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授(62)が毎日新聞のインタビューに応じた。培養肉の商業化を目指すベンチャー企業モサ・ミートの最高科学責任者でもあるポスト氏は、培養肉が食卓に乗るまでの道のりをどう描いているのか。開発の狙いや、今後の展望を聞いた。【聞き手・竹下理子】

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです