メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境と食料問題、動物福祉のために…“培養肉の父”目指すものは

記者の質問に答える「培養肉」を研究するオランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授=東京都千代田区で2019年11月16日、藤井達也撮影

 2013年に世界で初めて培養肉を使ったハンバーガーを発表したオランダ・マーストリヒト大のマーク・ポスト教授(62)が毎日新聞のインタビューに応じた。培養肉の商業化を目指すベンチャー企業モサ・ミートの最高科学責任者でもあるポスト氏は、培養肉が食卓に乗るまでの道のりをどう描いているのか。開発の狙いや、今後の展望を聞いた。【聞き手・竹下理子】

この記事は有料記事です。

残り2613文字(全文2783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです