メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年刑法犯は認知件数、検挙者数とも戦後最少 19年版犯罪白書

 法務省は29日、2019年版犯罪白書を公表した。18年の刑法犯の認知件数は81万7338件(前年比10・7%減)、検挙者数は20万6094人(同4・1%減)で、いずれも戦後最少を更新。一方、検挙者に占める再犯者の割合を示す再犯者率は48・8%(同0・1ポイント増)に上り、最悪の水準となった。

 令和初となる白書は、平成の30年間の犯罪動向や刑事政策を振り返る構成。平成を「犯罪多発社会と犯罪減少社会とが順次訪れた」などと総括している。

 刑法犯認知件数は平成の前半に上昇傾向となり、02年に戦後最多の285万件に達した。後半は減少が続き、18年はピーク時の3分の1を下回った。検挙者数も後半は減少に転じているが、少子高齢化などを背景に近年は高齢者が増え、18年は65歳以上が21・7%、20歳未満が11・6%。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  4. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです