メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬県庁に動画スタジオ 山本一太知事「魅力を内外にアピール」

山本一太・群馬県知事

 群馬県の山本一太知事は28日までに、県庁32階に約1億2000万円をかけて新設する「動画スタジオ」について、自身のブログで活用策や設置後の目標などを公表した。県政情報発信などのほか、自身が参院議員時代に始めた個人のネット番組の放送や、災害情報発信などに利用し、目標としては世界最大級の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の2021年エクセレンス認証を獲得することなどを挙げた。【鈴木敦子】

 ブログでは、動画スタジオの設置理由を、これまで山本氏が述べてきた通り「群馬県の魅力を内外にアピールし、認知度と存在感を高めること」と強調。活用方法として、新たに、山本氏個人のインターネット番組「直滑降ストリーム」の週1回程度の配信や、災害時に被災地の映像を流す構想なども紹介した。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです