メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台縦横ときどきナナメ

KUNIO15「グリークス」 戦争責任は誰に? 現代の観客のため再構成されたギリシャ悲劇

アガメムノンの天宮良=井上嘉和撮影

 戦争の理由はいろいろある。民族や宗教の対立、侵略、民主主義の防衛、対テロなど。もちろん、戦争なんてない方がいいに決まっている。それでも、正当化するために、支配者(為政者)はいくらでも理由を挙げるだろう。

 約2500年前に書かれたギリシャ悲劇に描かれるのが、小アジアの国トロイアとギリシャ連合軍によるトロイア戦争だ。その発端は、「3人の女神の中で誰が一番きれいか?」という、いわゆる「パリスの審判」とされる。その一方で見えてくるのが、トロイアの豊かな富だ。

 この戦争の責任は誰にあるのか? 人間とは? 家族とは? ギリシャ悲劇は、そんな普遍的な問いを投げかけてくる。今も愛され、なお上演され続けるのは、人間も社会も少しも変わっていないということの表れだろう。

 とはいえ、ギリシャ悲劇には、やはりとっつきにくい感がつきまとう。そんなエウリピデス、ホメロス、アイスキュロス、ソフォクレスによって書かれたトロイア戦争に絡む悲劇10本をベースに、ジョン・バートンとケネス・カバンダーが現代の観客のために再構成したのが「グリークス」だ。

 KAAT神奈川芸術劇場とKUNIOが共同製作したKUNIO15「グリークス」は、神と戦争と人間を巡る物語をギュッと約10時間に凝縮して、スピーディーに展開される。注目の若手演出家、杉原邦生が挑んでいる(小沢英実訳)。

 1980年に英国で初演。日本では、鵜山仁演出の文学座、…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1512文字)

濱田元子

1989年10月入社。大阪本社学芸部などを経て、2010年から東京本社学芸部。18年から論説委員兼務。担当分野は現代演劇と演芸。年間350本以上の舞台を鑑賞。毎日新聞東京本社夕刊で毎月第4木曜にコラム「日々是・感劇」を連載中。共著に「春風亭一之輔 落語のたくり帖」(自由国民社)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです