北海道がIR誘致断念 知事、期限までに自然環境への影響配慮は「不可能」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北海道庁=石川直人撮影
北海道庁=石川直人撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に関し、北海道の鈴木直道知事は29日、国への申請を見送ると表明した。道によると、IR誘致を予定・検討する全国8地域で断念を表明するのは初めて。

 候補地の苫小牧市ではオオタカなど希少動物の巣が確認されており、鈴木知事は2021年7月の申請期限までに「適切な配慮を行うことは不可能」と述べた。一方で、将来的な誘致に向けて取り組む姿勢を示した…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文473文字)

あわせて読みたい

ニュース特集