メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弁護士コンビが「M-1」1回戦突破 「司法試験よりも難関だった」

 愛知県弁護士会に、お笑いコンビを組む弁護士がいる。コンビ名は「さかいやすい法律事務所」。坂井活広さん(36)=愛知県長久手市=と安井一大さん(34)=名古屋市千種区=が3年前にコンビを組み、今年は若手漫才日本一を決める「M―1グランプリ」で悲願の1回戦突破を果たした。2人は「ネタ作りは裁判所に提出する書面作りくらい気を使っている」と話す。

 坂井さんは高校から校内でコンビを組んで学園祭などで披露し、高校3年時には始まったばかりのM―1に出場。1回戦で敗退したが、その際に観客から「面白かった」と声をかけられたことがうれしくて、高校卒業後は相方と吉本興業の養成所に入りプロを目指した。しかし、1年後の卒業オーディションで落ちてコンビは解消、吉本もやめたという。その後、大学を経て弁護士になった。

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです