メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語民間試験、国見送りで「前提崩れた」 立教、早稲田でも入試方法変更

 2020年度から始まる大学入学共通テストでの導入が見送られた英語民間試験。その活用を巡り多くの国立大が一般入試での見送りを決めるなど方針転換を余儀なくされた。私立大でも入試方法を変更したケースが出ている。

 国立大では、名古屋大は文部科学省の見送り決定(1日)を受け、英語民間試験を一般入試に活用しない方針に変えた。それまでは出願資格に、成績を6段階で評価する国際指標「CEFR」(セファール)が下から2番目の「A2」以上であることを求め、民間試験の成績か、英語力を証明する高校の書類などで確認する方針だった。岐阜大と三重大も、加点や出願資格に使う予定だったが、利用を見送る方針に転換した。

 東京農工大も英語民間試験でA2以上を出願資格とする予定だったが、取りやめた。広島大は当初、出願資格とした上で一定以上の成績をとれば共通テストの英語を「見なし満点」とする予定だったが、出願資格には活用しないこと…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです