大阪・寝屋川市が「お役所仕事を卒業」宣言 窓口業務を来春から12時間制に拡大 全国初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広瀬慶輔・寝屋川市長
広瀬慶輔・寝屋川市長

 大阪府寝屋川市は29日、「お役所仕事を卒業します」と宣言し、住民票や国民健康保険、国民年金などの市役所の「窓口業務」を来年4月から午前8時~午後8時の12時間制に拡大すると発表した。現在の業務時間は午前9時~午後5時半。同市によると、証明書交付以外に相談や手続きなどを含むすべての窓口業務を12時間対応するのは全国で初めてという。

 同市は「仕事があるため、平日役所に行けない」「窓口に行っても待たされる」などの市民の声に対応するとして、来春、さまざまな窓口サービス改革を行う。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文534文字)

あわせて読みたい

ニュース特集