メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡国際マラソン、12月1日号砲 藤本ら五輪残り1枠に挑戦

福岡国際マラソンに出場する国内招待選手の(左から)藤本拓、佐藤悠基、川内優輝、マイケル・ギザエ、福田穣=福岡市中央区で2019年11月29日、野村和史撮影

 福岡国際マラソン(12月1日、平和台陸上競技場発着)に出場する有力選手が29日、福岡市内で記者会見した。9月の東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」(MGC)で9位だった藤本拓(トヨタ自動車)は「まず自己ベスト(2時間7分57秒)更新を目指し、他の選手と競ってどこまでタイムを伸ばせるか」と意気込んだ。

 今大会から始まる対象3レースで日本新記録となる2時間5分49秒以内のタイムを出した選手のうち、最速の選手は五輪代表の残り1枠を手にする。

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです