特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

球数制限、日本は医学的データ少なく 米では17~18歳は1日105球上限

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
投手の球数制限導入の決定について記者会見する日本高野連の八田英二会長(右奥)=大阪市西区で2019年11月29日午後5時20分、木葉健二撮影
投手の球数制限導入の決定について記者会見する日本高野連の八田英二会長(右奥)=大阪市西区で2019年11月29日午後5時20分、木葉健二撮影

 日本高野連が設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」(座長・中島隆信慶大教授)の答申では「1週間500球以内」とする球数制限はガイドラインだった。だが、小倉好正事務局長は球数制限を「高校野球特別規則に付則として載せる方向」と説明し、罰則こそないものの「ルール化」する方針を示した。

 この規制だけで投手の肩肘が守られるわけではない。600件以上の肘の内側側副靱帯(じんたい)再建手術を手がけた慶友整形外科病院(群馬県館林市)の古島弘三医師によると、米国の研究データでは肘に障害が起…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文605文字)

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る