メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

サラーが東京オリンピックに参戦へ! U-23代表監督が招集意向を明言

情報提供:サッカーキング

サラーが東京オリンピックに参戦する可能性があるようだ [写真]=Getty Images
 リヴァプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラーが、オーバーエイジとして2020年の東京オリンピックに参加する可能性があるようだ。イギリスメディア『ミラー』が29日に報じている。

 U-23エジプト代表はすでに東京オリンピックの出場権を獲得している中、同メディアによれば、ショーキー・ガリブ監督がオーバーエイジにサラーを選出する意向を表明したようだ。しかし、オリンピックに出場するとなれば、リヴァプールのプレシーズンとプレミアリーグの開幕に帯同できないため、最終的な選択はサラーに委ねられている。

 ガリブ監督は「モハメド・サラーはすべてのアラブ人とエジプト人の誇りだ。彼は世界最高の選手の1人であり、海外にエジプトの良いイメージを発信してくれている」と大絶賛。「彼はプロフェッショナルであり、当然自分のクラブに対する権利と義務がある。間違いなく彼を招集したいと思うが、最も重要なのは彼がどれだけ我々とプレーしたいかだ」と語った。

【関連記事】
●クロップ監督、ファン・ダイクのバロンドール受賞を期待「昨季に限れば…」
●マネ、強力3トップの関係性について語る「母国も母語も違うけど…」
●リヴァプール、カラバオ杯準々決勝はU23の監督が指揮か…クラブW杯とバッティング
●「半年後には五輪もある」…自身初のACL決勝を終え、橋岡大樹は次なる戦いへ
●コロンビアに完敗…振り返った久保建英「あの時負けてよかったと思える試合に」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです