メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

大宮がピム・ファーベック元監督を追悼「あらためて敬意を表します」

情報提供:サッカーキング

大宮がピム・ファーベック氏を追悼した [写真]=Getty Images
 大宮アルディージャは29日、ピム・ファーベック氏が亡くなったことを受け、森正志代表取締役社長の追悼コメントをクラブ公式サイトを通じて発表した。

 ファーベック氏は現役引退後、フェイエノールトなどの指揮官を歴任した。1998年7月、大宮の監督に就任。クラブ初の外国籍監督となった。その後は、京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)やオーストラリア代表でも指揮を執った。

 森社長はクラブを代表して、以下のように哀悼の意を表した。

「ピム・ファーベック氏の突然の訃報に関係者一同、深い悲しみに包まれております。クラブを代表して哀悼の意を表するとともに、安らかにご永眠されますよう、心よりお祈り申し上げます。同氏は大宮アルディージャ初の外国籍監督として、1998年7月に就任されました。Jリーグ参入を翌年に控え、プロクラブとしてのチーム作りを進める中、ピッチ内外でプロフェッショナリズムを植え付け、現在に続くクラブの礎を築いてくださいました」

「同氏の思いや考え方は、大宮アルディージャに関わる多くのスタッフ、選手に確実に浸透し、今も引き継がれています。クラブを離れてからも、アカデミーの海外遠征時に現地に駆けつけていただくなど、常に大宮アルディージャを気に掛けてくださいました」

「昨年のクラブ創立20周年記念OBマッチやクラブ創立20周年記念パーティーでも、残念ながら日程調整がかなわなかったものの、来日に向けて最大限に調整してくださったと伺っております。同氏の多大なる功績に、あらためて敬意を表します」

「12月1日(日)、NACK5スタジアム大宮で行われる2019J1参入プレーオフ1回戦では、選手たちが喪章をつけ、キックオフ前には黙祷を行います。ご来場の皆さまにおかれましても、ご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます」

【関連記事】
●ピム・ファーベーク氏が63歳で逝去…かつて大宮や京都でも指揮
●C大阪がDF藤本康太の現役引退を発表…クラブ一筋で15年にわたり活躍
●仙台、MF松下佳貴が全治6〜8週間の診断…今季ここまで25試合出場
●実はあの選手も双子!? サッカー界の“ツインズ”プレーヤーたち
●「イメージ通り」の鮮やか先制弾!…浅野拓磨、納得の一撃「らしくなかった(笑)」

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 訃報 高木守道さん 78歳=元プロ野球中日二塁手

  3. 「桜」名簿管理巡り内閣府幹部6人を厳重注意処分 公文書管理法違反

  4. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

  5. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです