メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

アーセナルが関心も…ハメスはレアルでの定位置獲得に闘志を燃やす

情報提供:サッカーキング

J・ロドリゲスはレアル・マドリード残留を希望しているようだ [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスは、同クラブでの定位置獲得に向けて闘志を燃やしているようだ。スペイン紙『マルカ』が28日に伝えている。

 今シーズンからレアル・マドリードに復帰したJ・ロドリゲス。リーガ・エスパニョーラで7試合に出場しているが、そのうちの先発出場は4試合に限られている。負傷の影響もあり、ここまで十分なプレー時間を確保しているとは言えない。

 今回の報道によると、この状況を受けて、アーセナルが来年1月の移籍市場でのJ・ロドリゲス獲得を狙っているという。アーセナルはJ・ロドリゲスに対してプレミアリーグでの出場機会を用意しているようだが、選手本人はレアル・マドリード残留を強く希望している模様。ジネディーヌ・ジダン監督の下で定位置獲得を目指す覚悟ができているという。

【関連記事】
●“ドイツの逸材”の未来はスペインの2強? 代理人がレアル&バルサの接触を認める
●レアルMFバルベルデが契約延長合意か…契約解除金はなんと770億円
●真意のほどは? エンバペが自身のSNSでレアルサポーターへの感謝を表現
●ウィリアン、現時点では契約延長の打診受けず…本人は残留を希望?
●過密日程のリヴァプールに痛手…ファビーニョが最大10試合の離脱へ

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです