メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

今季8位の京都、實好礼忠コーチの監督就任を発表「全力で取り組みます」

情報提供:サッカーキング

京都サンガF.C.は實好礼忠コーチの監督就任を発表した
 京都サンガF.C.は29日、實好礼忠コーチが来季より監督に就任することを発表した。

 京都は今季の明治安田生命J2リーグで19勝11分け12敗、勝ち点「68」の8位でシーズンを終えた。今月28日に中田一三監督の退任を発表していた。

 實好氏は1972年生まれの47歳。現役時代はガンバ大阪でJリーグ通算236試合に出場した。指導者としては、G大阪のユースコーチや名古屋グランパスのトップチームコーチを歴任。今季から京都でトップチームのコーチに就任した。

 監督就任にあたり、實好氏は京都の公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「いつも応援ありがとうございます。来シーズン監督に就任することになりました。京都サンガF.C.の目標達成のため今日からもまた全力で取り組みます。どうかこれからもご支援ご声援をよろしくお願いします」

【関連記事】
●「イメージ通り」の鮮やか先制弾!…浅野拓磨、納得の一撃「らしくなかった(笑)」
●サラーが東京オリンピックに参戦へ! U-23代表監督が招集意向を明言
●C大阪、ベテランGK丹野研太とMF大山武蔵の契約満了を発表
●FC琉球が4選手との契約満了を発表…大卒ルーキー2人も1年で退団に
●E-1サッカー選手権に臨むなでしこメンバー発表! 籾木、池尻ら23名

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  2. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  3. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです