メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドルトムント、来年1月のサンチョ放出を検討か…素行不良を問題視?

情報提供:サッカーキング

来年1月のドルトムント退団が噂されるサンチョ [写真]=Getty Images
 ドルトムントは、イングランド代表MFジェイドン・サンチョの放出を視野に入れているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が29日に伝えている。

 サンチョは2000年生まれの19歳。昨シーズンのブンデスリーガで34試合出場12得点を記録し、一躍ブレイクを果たした。今シーズンもリーグ戦10試合に出場し、4ゴール6アシストをマークしている。

 しかし、サンチョはチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節バルセロナ戦の直前に行われたチームミーティングに遅刻するなど、クラブとの関係は悪化の一途を辿っているという。今回の報道によると、この状況を受けて、ドルトムントは来年1月の移籍市場での放出を検討している模様だ。また、サンチョ本人も退団を希望しているようだ。

 サンチョには複数のビッグクラブが関心を示していると報じられている。なかでも、マンチェスター・Uとリヴァプールが熱視線を注いでいるという。他にも、マンチェスター・Cとレアル・マドリードも同選手に興味を抱いているものとみられ、激しい争奪戦が繰り広げられることが予想される。

【関連記事】
●アーセナルが関心も…ハメスはレアルでの定位置獲得に闘志を燃やす
●ウィリアン、現時点では契約延長の打診受けず…本人は残留を希望?
●過密日程のリヴァプールに痛手…ファビーニョが最大10試合の離脱へ
●レヴァンドフスキが新記録樹立…14分32秒での4ゴールはCL史上最速
●“ドイツの逸材”の未来はスペインの2強? 代理人がレアル&バルサの接触を認める

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです