メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

京都が元指揮官ピム・ファーベーク氏を偲ぶ「とても温かい指導者でした」

情報提供:サッカーキング

京都がピム氏に追悼のコメントを発表した [写真]=Getty Images
 京都サンガF.C.は29日、ピム・ファーベーク氏が63歳で逝去したことを受け、コメントを発表した。

 ファーベーク氏は、2003年から京都(当時は京都パープルサンガ)の監督を務めたほか、大宮アルディージャや韓国代表、オーストラリア代表などを歴任した。

 京都は、「2003シーズン京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)を率いた、ピム・ファーベーク氏の訃報にクラブスタッフ一同、驚きと悲しみでいっぱいです。ピム監督は統制された組織的なサッカーを展開され、サッカーに対して誰よりも誠実で、選手やスタッフに対して心配りをしてくださる、とても温かい指導者でした。今はただ、ピム・ファーベーク氏のご冥福をお祈りし、謹んで心より哀悼の意を表します」と追悼のコメントを発表した。

【関連記事】
●ピム・ファーベーク氏が63歳で逝去…かつて大宮や京都でも指揮
●大宮がピム・ファーベック元監督を追悼「あらためて敬意を表します」
●今季8位の京都、實好礼忠コーチの監督就任を発表「全力で取り組みます」
●「きっと大丈夫だから」…宮市亮を支えるイ・チョンヨンとの“兄弟”の絆
●C大阪、ベテランGK丹野研太とMF大山武蔵の契約満了を発表

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです