メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サプリが溶けない 100製品中4割、医薬品規定時間超す 国民生活センター調査

国民生活センターがテストしたサプリメント100製品=同センター提供

 特定の栄養素を濃縮して錠剤やカプセルにした市販のサプリメント100製品を国民生活センターが商品テストしたところ、4割以上が医薬品で定められた規定時間内に水に溶けなかった。飲んでも体内で吸収されていない恐れがあり、同センターは「必ずしも医薬品と同様の品質が保たれているとは限らない」と注意喚起している。【岡礼子】

 サプリは食品に位置付けられる。成分表示の規格基準がある栄養機能食品や、届け出制の機能性表示食品もあるが、製法に医薬品のような厳密な規定はなく、国の販売承認も要らない。2000年に厚生省(当時)が薬剤の形状に関する規制を緩和し、薬に似た形の食品製造を容認したことで、錠剤やカプセル型のサプリが広がったとみられる。

 同センターは昨年9~10月、ネット通販やドラッグストアの店頭を調べ、よく並んでいるマルチビタミン、GABA、黒酢、コエンザイムQ10など10種類の計100製品を選んでテストした。

 医薬品の場合は、成分をそのまま固めた素錠は30分以内、糖などで覆ったコーティング錠は60分以内、カプセルは20分以内に、水に溶けなければならないとの規格基準がある。だが、テストの結果、100製品中42製品はその時間内に溶けず、特に素錠は26製品の過半数の14製品が溶けなかった。また、使いかけの64製品のテストでは半数が規定時間内に溶けず、未開封品より成績がやや悪くなった。

 一方、同時期に実施した消費者約1万人へのアンケートでは…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです