メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

貧困・病、小さな命襲う ナイジェリア・ボルノ州

栄養失調への対応に特化した「国境なき医師団」の小児専用医療施設で、点滴治療を受ける国内避難民のモハメッド・ブカルちゃん(3)。母ビントゥさん(30)は前日入院したモハメッドちゃんの傍らを片時も離れず世話をしていた=ナイジェリア・ボルノ州マイドゥグリで2019年9月、山崎一輝撮影

 ナイジェリア北東部ボルノ州では、イスラム過激派の武装勢力「ボコ・ハラム」の襲撃で多くの人が命を失い、家を追われた。治安の悪化でインフラが機能不全となる中、子どもたちが栄養失調やマラリアに苦しんでいる。NGO「国境なき医師団(MSF)」によると、現地では例年、8~10月に患者数が多く、死亡するケースもある。今年9月に取材に訪れた同州の州都マイドゥグリの小児医療機関では、ベッドに横たわる子どものそばで、母親が心配そうに付き添っていた。

 所狭しと並ぶベッドの上で、点滴を受ける子どもたちが、ぐったりと横たわっている。その脇を、看護師らが忙しそうに動き回っていた。ここはMSFが運営する小児専用の医療施設で、約100床のベッドがある。マラリアの流行期には1日約100~150人の患者が訪れる。基本的にベッドが足りず、一つのベッドに2、3人の子どもが横になることもあるという。マラリアにかかり、2日前から入院しているムスタファちゃん(3)に…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです