メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」 SNSで盛り上げる臨場感=田中里沙

 いかにSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で話題になるか、が競われる時代。テレビドラマでも、視聴者と情報を共有しながら盛り上がるスタイルが模索される。ソーシャルメディア上の情報が一定量増えると、視聴率が高まる相関関係を示す調査結果もある。その鍵は、対象層の視聴者との接点づくりにある。

 日本テレビ系「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(日曜午後10時半)は、警察組織が舞台のドラマ。衝撃的なシーンで始まった初回放送から謎は深まるばかりで、複雑な人間関係に翻弄(ほんろう)される。主演の賀来賢人や広末涼子ら豪華な出演者の個性がぶつかり合う。暴力シーンや過激な描写が目立つが、笑いを誘うユーモアも入る。繊細な感覚と視聴者目線をベースにした緻密な計算から繰り出される上質なエンターテインメントだ。

 最大の特徴は、視聴者層に響く数々の仕掛けや伏線が張られていることだ。サザンオールスターズが歌う主題…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  5. 中村哲さん、無言の帰国 妻、長女らがひつぎに花束 葬儀は11日、福岡市で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです