メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフル、アルコール消毒では不十分 たんの中のウイルス、感染力弱まらず

 鼻水やたんなど粘液に含まれるインフルエンザウイルスは、アルコール消毒をしても効きにくいとの研究結果を、京都府立医大の広瀬亮平助教(感染病態学)らのチームが30日までに米科学誌の電子版に発表した。

 体内のウイルスは、せきやくしゃみの際に口や鼻を手で押さえたとき、粘液に混じって手に付着することが多い。

 広瀬助教は「手などを介した接触による感…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. ジャパンライフ被害者「国とぐるになって田舎の正直者をだました」 「桜を見る会」チラシで信用

  4. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  5. 仮面ライダー 大人向け変身ベルト「CSM」イベント スチーム噴射、モーションセンサー搭載 “未来のベルト”も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです