メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空襲被害、救済法を 来月6日、全空連が永田町で集会 早期成立へ「現状知って」 /東京

 第二次世界大戦で空襲の被害を受け、国に補償を求めている市民団体「全国空襲被害者連絡協議会」(全空連)が12月6日、東京・永田町の衆院第2議員会館前などで集会を行う。被害者を救済する法の早期成立を目指すもので、被害者や支援者の高齢化が進む中で、関係者は「救済実現へ向けた正念場」と位置づけ大集会を開く。【栗原俊雄】

 会は2010年、当時国に賠償を求めてそれぞれ裁判を闘っていた東京空襲、大阪空襲の被害者らが結成した…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1027文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです