新型インフルで合同訓練 舞鶴市、保健所など 役割や業務手順確認 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「アイソレーター」を使って患者の搬送手順を確認した=舞鶴市浜の舞鶴共済病院で、行方一男撮影
「アイソレーター」を使って患者の搬送手順を確認した=舞鶴市浜の舞鶴共済病院で、行方一男撮影

 新型インフルエンザの発生に備えた対応訓練が29日、舞鶴市浜の舞鶴共済病院で行われた。発生時の円滑な連携対応に向けて、舞鶴共済病院の医師や看護師らのほか府中丹東保健所、府中丹西保健所、舞鶴市、舞鶴市消防本部が合同で実施。総勢約25人の関係機関がそれぞれの役割の確認と業務手順を確かめていた。

 訓練は海外から帰国した30代女性が体調不良を訴え、中丹東保健所の帰国者・接触者…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集