メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「巡方」完成品が出土 官衙の存在強まる 南国の遺跡 /高知

発掘された「巡方」=南国市の若宮ノ東遺跡で、松原由佳撮影

 南国市教委は、弥生時代から江戸時代にかけての複合遺跡「若宮ノ東遺跡」(南国市篠原)について発掘調査成果を発表した。古代の官人が装着していた腰帯の石製飾り「巡方(じゅんぽう)」の完成品が出土。現地周辺には、古代に官衙(かんが)(役所)の関連施設があった可能性が指摘されており、市教委は「巡方の出土で根拠は強まった」と分析…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  2. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  3. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

  4. 五輪特需、延長頂きました スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  5. Dr.STONE テレビアニメ第2期の制作決定 「ジャンプ」の人気マンガが原作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです