メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心不全、スプレーで治療 幹細胞利用 阪大が治験開始

 重症心不全患者の治療法として、心筋細胞などに変化する幹細胞を心臓に噴霧する「細胞スプレー法」を開発したと、大阪大が29日、発表した。保険適用を目指し、安全性や有効性を確認する治験(臨床試験)を2021年10月までの計画で始めた。

 治験は、血流の悪化で心筋が弱る虚血性心筋症で手術が必要な重症患者3人が対象。血流を回復する冠動脈バイパス手術の際、間葉系幹細胞3億個と手術用…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです