メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

心不全、スプレーで治療 幹細胞利用 阪大が治験開始

 重症心不全患者の治療法として、心筋細胞などに変化する幹細胞を心臓に噴霧する「細胞スプレー法」を開発したと、大阪大が29日、発表した。保険適用を目指し、安全性や有効性を確認する治験(臨床試験)を2021年10月までの計画で始めた。

 治験は、血流の悪化で心筋が弱る虚血性心筋症で手術が必要な重症患者3人が対象。血流を回復する冠動脈バイパス手術の際、間葉系幹細胞3億個と手術用…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです